腹式呼吸

声楽をされてる方やボーカルをされているは
身体を使って歌いなさい
とか
腹式呼吸で歌いなさい

と言われると思いますが

喉が開かないと身体は使えません。

声の通り道を感覚的に掴める事を
優先にすべきです。

声の通り道を掴めたら
なぜ身体が必要か自ずとわかります。

同じ場所につねに呼気を届かせる為には
身体がしっかり支えないと
同じ音質、ポジション、響きで歌う事が出来ません。

声の通り道をしっかり掴む前から
身体を使ってしまうと
声自体に圧がかかり
柔らかい声が出せなくなっていきます。

発声教室ではまず声の通り道を感覚として掴めるように
口の形や舌の場所、声が出るべき場所を
少しずつお教えしています。

うたの教室IZUMI 泉山加奈子