発声教室で得られること

上の写真は私の顔の移り変わりです。

発声でこれだけ顔が変わりました。
整形はしていませんよ(笑)

なぜこれほどに変わるかと言うと
声を出すのに使っていた場所が違うからです。

大学生の時は喉を酷使して良い声を作り上げていた為、顔の下半分が大きく
縦の長さがどんどん失われていき上から押しつぶしたような顔になってしまいました。

体重的には右端の大学生時代が一番軽いのですが
顔は今が一番縦長になりました。

顔が若い頃より四角くなったとか、丸くなったとか、目がちゃんと開かなくなったとか
それは実は発声のせいかも知れません。

そういう事を放置していると
聴力や視力が落ちたりする可能性もあります。

顔が私のように上から押しつぶしたようになれば
全ての管が狭くなり神経も圧迫されるのは容易に想像がつくと思います。

そういう事を防ぐ為にも、あなたの発声を見直してみませんか?