身体の機能

発声を長年研究し続けて来ました。

まだその研究は途中ですが、今私自身が自分の体の機能の不備に気付き
それをどのように埋めていくか研究中です。
バランスの良い発声と声を実感できてからが体を安定させるためのプロセスの始まりです。
立った状態と座った状態で体のバランスは変わります。
その状態の変化の大きさは人によって違います。
ほとんど変わらない人もいるでしょう。
残念ながら私はその差がものすごく大きいです。
おそらくそれは体幹というものがしっかりあるかないかの問題だと思います。
生まれつき体力があるかないかのように、体の強さや機能の良さは人それぞれです。
私の場合は声帯は良いらしいですが、体の機能はあまりよくありません。
どちらが早く上達するかと言えば体の機能が良いタイプの人です。
声はバランスよく出していれば、元々がそこまで良い声でなくとも
少しずつ育っていきます。
機能が良くないといっても
歌うためには誰しも足りないところを埋めていかないといけません。
レッスンではその足りない部分を声をお聴きして明確にお伝えしています。