日本歌曲を勉強する大切さ

 

5月に入り、発表会に出演された生徒さんは日本歌曲にもチャレンジしていただいている方がいらっしゃいます。先日レッスンをしていて、日本語のうたを自然な口の開け方で歌えるようになってこそ本来の意味での発声の改善があるのではないかと感じました。日常の話し方の癖が出にくい他の言語で、あいまいな音がほとんどなく発音もわかりやすいという意味でイタリア歌曲からレッスンに入っていただいていますが(もちろん曲の美しさや音の動きもありますが)、イタリア語という不慣れな言語であればこそできていることでも、日本語になると日頃の根強い癖が出てきてしまうこともあります。イタリア歌曲で少し声に変化が出て安定してきたらもっとも癖が多い日本語のうたを練習し、自分で開け方の癖に気付くことができればより一層の成長へとつながると思います。

私自身もだんだんと目標が変わり、今では日本歌曲を自然に美しく歌えることが一番の目標になっております。日本歌曲の美しさをみなさんにも知っていただきたいと思います。