[写真は右から20歳、30歳、39歳の写真です。発声が良くなるにつれて顔が面長に近づいてきました!ちなみに20歳の時が一番体重は軽かったです(^^;]

 

はじめまして、泉山です。

私は歌を教えることが大好きです。

長年、自分が目指しているものを確立出来ずにいました。それは周りの人から「もっと歌ってほしい!歌わないと勿体ない!レッスンばかりしていたら下手になるよ!」とたくさん言われ、その言葉に惑わされ続けていたからです。でも、私は職歴等を見て頂いてもわかるように「教える」、「伝える」ことが大好きで、はじめからボイストレーナーの道しか目指していなかったのだと最近気付きました。

だからといって自分のテクニックの向上を断念するつもりはありません。死ぬまでボイストレーナーとして生きたいからです。

 

私のここまでの声楽人生はとても波乱万丈でした。もともとあまり声楽には向いていない骨格と性質だったのだと思います。声楽どころかおそらく体を使うこと自体があまり向かないタイプだったのだと思います。

そういう骨格と性質の持ち主だからこそ気づけたことがものすごくたくさんあります。

私が考える声楽に向く骨格や性質は体幹がしっかりしていて精神状態が安定している人です。(もちろん骨格と性質が声楽に向いていても耳が良くなかったり音楽性が豊かでなければ声楽には向かないのかもしれません。)

声楽の勉強を始めて22年が経ちますが私の目標はいまだに「いつも平常心」です。それぐらい気持ちが様々な出来事に揺さぶられる性質で、体幹もいまだすぐにぶれ、起きている間は1時間に一度ぐらいは発声練習かイメトレをして姿勢を戻しているぐらいです(笑)もしかしたら声楽家は皆さんそうしているのかもしれませんが。

これほどにぶれが大きく向かない性質の私がここまで声楽を続けてこれたのは現在も師事する先生と周りの皆さんのおかげです。私の耳を信じてついてきてくれている生徒さんのおかげでもあります。

私は生徒の皆さんに私の経験から得たことをすべてお伝えしています。それにより皆さんの声がどんどん変わっていくので、私はいつも大きな確信を与えてもらっています。

最近、またぶれの大きい私らしい出来事が起こりました。これまでの22年間で起こった出来事は音声障害だったりパニック障害だったり辛いことばかりでしたが、今私の身に起こっていることは大変嬉しいことです。22年間、ずっとメゾソプラノと思い込んで生きてきましたが、今年に入り「あなたは本当はソプラノなのよ!」と先生に言っていただきました。ずっとジェシー・ノーマンが大好きですが、1ミリだけ近づけた気がします(笑)

メゾからソプラノかもしれないという意識に変わったことで私の身体が機能しきれなかった理由もはっきりと掴むことができました。

ここまで、本当に多くの壁にぶつかり発声法で悩んだおかげで今はボイストレーナーとして直せない発声はないと思えるほどに「聞く耳」と「指導力」を身につけることができました。それに声楽の勉強が最近更に楽しいと感じるようになりました。

好きな歌を思うように自由に歌えず、いっぱい悩み苦しんできたからこそ、歌いたい人、歌が好きな人が一生、思い存分気持ちよく歌え、発声で悩む人がいない日本にしたいという思いが人一倍強いです。それだけでなく、発声が良くなって健康を取り戻せたので、今あまり元気がない人には発声法が良くなることで体が楽になることを知っていただきたいと思います。

この二つの夢を叶えるべく、レッスンに自分の勉強にこれからも全力で取り組んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

2018年3月1日

 


1978年11月12日生まれ B型
もうすぐ40歳になります!
これまでの人生はほぼ自分で選択して生きてきました。特に大学卒業後は「うた」を続ける為に安定した職業には就かず、練習出来る環境を最優先に仕事も選んできました。またプライベートでも37歳差の結構な年の差婚です(笑)

これまでの職歴(というほどでもないですが、ほとんど掛け持ちでやってました)
結婚式の聖歌隊(20歳〜27歳、今もたまに頼まれます)
個別指導塾講師(19歳〜27歳)
家庭教師(18歳〜25歳)
コンビニ店員(20歳〜24歳)
カフェ店員(24歳〜27歳)
夜間中学非常勤講師(24歳〜28歳)
ミュージックバー店員兼シンガー(27歳〜28歳)
ボーカル教室インストラクター(29歳〜30歳)
など
略歴
ボーカル教室インストラクターと自宅での個人レッスンの経験を経て
2009年の10月に本町にあったジャズバーをお借りして「うたの教室IZUMI」を開講。
その後、育児中の生徒さんやカフェのオーナーなどの生徒さん向けに出張レッスン等も始める。
2011年10月に新近松ビル2階にスタジオを開設。
2012年1月より旭区のシニア世代の合唱団「コールグランツ」の「ボイストレーナー兼指揮者」をつとめる。
2014年5月現在の小教室を生徒の練習室として開設。